男の人

資産運用初心者ならマンション経営からはじめてみよう

投資で成功を収めるために

マンション

投資で収益を

マンション経営は有力な資産運用法となっていて、様々な人がマンション経営に挑戦しています。日本の建物には、法定耐用年数というものがあります。中古マンションの経営をする時は、この法定耐用年数をより意識する必要もあります。銀行の融資期間は、法定耐用年数から築年数を引いた年数で決まることになっています。築年数が少ないほど法定耐用年数よりも、より期間があることとなります。築年数がより少ない方が、マンションを売る時には有利となることを意識して、中古マンションの経営をすることはとても大切です。不動産投資をする時は、銀行などの金融機関から融資を受ける必要もあります。銀行の融資条件を知ることは、マンション経営をする時に必要な知識といえるでしょう。

上手く経営を行う

マンション経営をする時は、銀行などが物件をどのように評価するかを意識することも大切です。物件の評価法として、積算評価というものがあります。積算評価は土地評価と建物評価を足した値となります。土地評価の値は全面道路の路線価に土地平米数をかけた値です。建物評価の値は建物面積に再調達価格をかけた値をもとに求められます。建物面積と再調達価格が同じ場合は、建物評価の値は築年数が少ないほど、高くなります。積算評価は物件購入時における物件に対する客観的な評価ですので、これを意識してマンション経営をすることは、とても大切です。積算評価に加えて家賃収入などの収益力から物件を見る収益還元法を活用することで、マンション経営をより順調に行うことが可能となります。

オーナーのためのシステム

積み木とお金

家賃保証は近年のライフスタイルや家族構成に適したシステムであり、連帯保証人が準備しにくい層に部屋を貸す場合は必須とも言えるものです。家賃滞納トラブルを未然に防ぐために、家賃保証会社を利用するオーナーも多くなっています。

詳細を確認する

相続税増税への対応

メンズ

日本では相続税の大幅増税の結果、節税対策のアパート建設が増加しています。サブリースによる開発が増加していますが、契約には一定の見直し条項がありますので、注意が必要です。建設資金を金融機関からの借り入れで調達すれば、所得面でも節税効果が期待できます。いずれにしても物件の立地が重要です。

詳細を確認する

委託すると快適

つみき

一部の業務を委託する方法が一部委託で、これを利用すれば賃貸管理が楽になります。さらに全部委託は特に人気ですべての業務を管理会社にしてもらうのです。家賃の回収から修繕工事、家賃保証や入居者募集と充実しています。

詳細を確認する